台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

台湾での入籍手続きの始まり、婚姻要件具備証明(独身証明書)の取得・認証方法を解説!

f:id:nextfrontierym:20161205161938j:plain

こんばんは。

今日は、台湾先行での国際結婚の手続きの始まり、婚姻要件具備証明(独身証明書)の取得・認証方法を解説します。

はじめに

国際結婚の場合、両国での手続きが必要になりますが、私たちは台湾先行で手続きを行いました。日本先行の場合はまた異なってくるので、他のwebsite等をご覧ください。

▼婚姻要件具備証明以外の入籍方法を知りたい方はこちら

www.higashi.site

www.higashi.site

資料等で見る限りけっこう大変そうでしたが、意外に簡単にできます!

まずは準備

台湾で手続きする際に、日本の戸籍謄本が必要になります。予備含めて2部以上は準備しましょう。

婚姻要件具備証明(独身証明書)とは

簡単に説明するとあなたが独身だと証明する書類になります。これを取得・認証を受けることで台湾人との入籍が可能になります。

婚姻要件具備証明(独身証明書)の取得

f:id:nextfrontierym:20161205162141j:plain

婚姻要件具備証明(独身証明書)の取得は、台北にある交流協会台北事務所で取得できます。アクセス方法は、台北MRT南京復興駅7番出口から徒歩5分です。

【交流協会台北事務所】

f:id:nextfrontierym:20161205162228j:plain

交流協会台北事務所1Fに手続きできる受付があります。事務所に入ったら1番窓口に行き、日本語で「独身証明書」を発行したいのですがと伝えれば申請に必要な書類を受け取れます。(ここの事務所のスタッフは日本語を話すことができます)

その場で必要事項を記入し、再度窓口の人に渡すと10分ほどで取得できます。ただし発行するためにパスポート戸籍謄本が必要になるので忘れないように!

また発行するために320元(約1,000円)必要になります。

スポンサーリンク
 

外交部領事事務局で認証手続き

f:id:nextfrontierym:20161205161938j:plain

実は、婚姻要件具備証明(独身証明書)は取得しただけだと効力がありません。

次にこちらも台北市内にある外交部領事事務局に行く必要があります!

外交部領事事務局へのアクセス方法は、台北MRT善導寺駅から徒歩10分です。

【外交部領事事務局】

f:id:nextfrontierym:20161205164748j:plain

到着し次第3Fの30窓口に行き、必要書類をもらってください。必要書類を記入後、事前に取得した婚姻要件具備証明(独身証明書)を渡すと認証の手続きができます。手続きに行く際はパスポート戸籍謄本も忘れずに!

1点注意してほしいのが、ここのスタッフは中国語しか話せません。名前に外交部と書いてあったので英語ぐらい話せるかと思いましたが、まったく通じず笑

拙い中国語で頑張って乗り切りましたが、心配な方は台湾人の彼女・彼氏と一緒に行きましょう!

また婚姻要件具備証明(独身証明書)の認証には2日間かかります。当日認証はできませんので注意を!

認証にかかる費用は、400元(約1,200円)です。手続き完了後、2日後に認証された婚姻要件具備証明(独身証明書)をここに取りに行き、入籍前手続きが完了です。