台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

【2017年】台北に日本の超有名人気ラーメン屋が続々と進出!(蔦・一蘭・東京油組)

f:id:nextfrontierym:20170523131555j:plain

2017年の今年私が日本で住んでいた時に通っていた超有名人気ラーメン屋が台北に進出していきます。

今回は、私が日本に住んでいた時に、進出してくる3つのお店に実際に行った時に撮った写真を使いながらそのラーメン屋をご紹介します。

そしてそのラーメン屋の内2店舗は週3日以上(ひどい時5日)ラーメン屋に通っていた私が太鼓判を押すラーメン屋なので台北に住んでいる人は是非食べに行ってほしいです。

私も行きます!笑

スポンサーリンク
 

Japanese Soba Noodles 蔦

f:id:nextfrontierym:20170523131547j:plain

東京だとJR山手線巣鴨駅から徒歩数分のところにあるミシュラン1つ星のJapanese Soba Noodles 蔦。

学生時代月1ペースで通っていましたが、めちゃめちゃ美味しいです。

私は基本背脂がたくさん入ったようながっつり系ラーメンが好きなのですが、この見た目綺麗なラーメンは、一ラーメンファンとして本当におすすめします。

以前遠距離恋愛時代に妻が日本に来た時にまっさきに連れて行ったラーメン屋でもあります。

台北店は4月27日に台北駅付近で既にオープンしています。

1杯約1,000円以上とラーメン1杯の値段が高額になっていますが、それを払う価値はあるお店です。 

一蘭

f:id:nextfrontierym:20170523131612j:plain

誰も知る豚骨ラーメンで有名な一蘭ですが、6月15日に台北店がオープンします。

ただ一蘭に関しては批判したいことが私にはあります。

それは、値段設定がありえない。

日本でも量が少なく、味も普通なわりに値段が高いですが、台湾の一蘭はラーメン一杯が1,000円超えます。

替え玉したら1,200円いきそうですね。

この値段設定には「さすがに消費者舐めすぎだろ」と怒りしかでてきませんが、一蘭のビジネス手法がうまく台湾人にとってはなぜか美味しいお店とイメージがあるので、オープン当初は行列ができることが予想されます。

東京油組総本店

f:id:nextfrontierym:20170523131625j:plain

台北では油そば専門店は初めてなような気がしますが、社会人になってからハマった東京油組総本店。

2017年2月に既にオープンしていて先日妻と行って来ました。

レビュー記事を別途書く予定ですが、あの日本の美味しい油そばが台北で食べられることに幸せを感じています。

また東京油組総本店 台北店では日本にはない独自サービスもやっていたので、レビュー記事を作成した際に合わせてご紹介しますね。

【おすすめ】台湾ホテル 

www.higashi.site

www.higashi.site

www.higashi.site