読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人夫の台湾物語り!

台湾人女性と遠距離恋愛を経て国際結婚。国際結婚・遠距離恋愛、海外、キャリヤ・人生論を中心にさまざまな情報を発信しています。

【公式】Mr. & Mrs. Higashiプロフィール

スポンサーリンク

人生初の彼女が台湾人、そして奥さんです

f:id:nextfrontierym:20161104174624j:plain

Mr.Higashi

f:id:nextfrontierym:20170321153931j:plain

  • 本名:東 佑樹(ヒガシ ユウキ)
  • 年齢:27歳(2016年時点)
  • 出生地:新潟県魚沼市 
  • 現在住んでいる所:台湾新北市
  • 言語:日本語、英語、中国語(ちょっとだけ)
  • 留学経験:イギリス、アメリカ、カナダ
  • 趣味:ラーメン屋巡り、カフェで勉強、ラグビー観戦、旅行、アニメ鑑賞(特にガンダムやスポーツ系アニメ)
  • ブログ内での役割:記事アイディア考案・作成、サイトデザイン修正、SEO対策等
Facebookページ(公式)■
Twitterアカウント(公式)■

■恋愛ブログも運営中■

Love is My Life

幼少期〜小学生

幼少期の時は記憶がほとんどありませんが、親からはすごくわがままな子供だったと聞かされています笑。

家でゲームばかりしていたため小学校3年生の時、親にラグビースクールに入らされました。入らされたとはいえラグビーが少し好きになった私は、親の勧めもありラグビーの名門校(中高一貫校)に入るため中学受験をすることを決めました。

模試の判定E判定でしたが、慶応大学出身の親父からスパルタ勉強特訓を受け、ギリギリ合格しその学校に入学しました!

f:id:nextfrontierym:20161101182415j:plain

中学生〜高校生

無事入学できラグビー部に入ったものの、人に言われないと全く努力しなかった私は、小学生時代の財産が少しはあったとはいえ気づくと同学年の子と差は歴然についていました。

中学3年の時は試合にでることはほとんどなく、練習についていけず高校に上がるタイミング部活を辞めました。努力の努もせず迷惑をかけ当時のチームメイトには申し訳なかったと思っています。

また勉強面でも県内ではわりと進学校で勉強ができる人が多く、そんな中で勉強もほとんどしなかった私の成績はひどかったです。

そこから高校3年生まで特に新しいことにチャレンジせず、周りに合わせて生きてきました。大学受験(現役も)も偏差値45ぐらいでしたが、見栄を張りMARCH以上(偏差値60前後)の大学受け全滅し浪人することにしました。

f:id:nextfrontierym:20161101193803j:plain

少し勉強を好きになれた浪人時代だったが

このままだとさすがにまずいと思ったんでしょうね。少し本腰を入れ勉強しました。(「口では絶対早慶行くから」と言っていたと思います笑)

その甲斐あってか日本史で偏差値70越えることができたのは当時唯一の誇りです。ただ今の大学入試は英語の配点が高く上位の学校に受かるには必須科目。英語は相変わらず苦手で上位学校は落ち、東京にある中堅の大学になんとか受かり入学を決めました。

高校まで特に際立ってやり遂げたことがなく「俺ってほんとダメだな〜」とこの時期よく思っていました。

親友との出会いで人生に転機をもたらした大学生時代

f:id:nextfrontierym:20161101193739j:plain

しかし大学に入りある親友との出会いを機に人生が変わりました。

その親友はすごく優秀。なんでも器用にこなすタイプ。人を見抜くのも上手で、一見できるオーラを出していたつもりが、その親友にはすぐ私の本質見抜かれ、勉強からプライベート(主に女性関係)すごく鍛えられました。

親友との出会いを気に周りの目を気にせずチャレンジを始めましたが、初めはどんなことも失敗ばかり。周りから「あいつまた馬鹿してるよ」的に笑われることも多かったです。

ただそんな時にもその親友だけはずっとそばにいてくれて支えてくれました。今でも感謝しています。

経済学部だったけどTOEICに夢中になった学生時代

f:id:nextfrontierym:20161015185511j:plain

コンスプレックスの1つであった勉強でもTOEICという英語試験でスコアを280点(大学1年時)から805点(大学4年時)まで上げ、自分でもやればできるのだと自信を得ました。

試験自体は、4年間累計で10回以上受けました。その親友も私より1年先に800点越えをしました。いつも負けず嫌いだった私の性格を見抜いた上であえて点数を自慢してきたので、私がイラつきそのイラつきをバネに勉強していたのをよく覚えています笑

www.higashi.site

3ヶ国に留学(イギリス・アメリカ・カナダ)

英語の勉強の一貫として親の援助もあり学生時代、3ヶ国(イギリス、アメリカ、カナダ)に語学留学や海外インターンにチャレンジしました。

初めての留学はイギリスでしたが、学校の研修プログラムだったので周りには日本人が多く、まったく英語を身につけられず。

【イギリス留学・コベントリー】

f:id:nextfrontierym:20161101193948j:plain

イギリス留学の失敗の経験から、アメリカ・カナダでは1人で乗り込み、カナダ留学の際には現地の貿易会社で2ヶ月間インターンをしました!その結果TOEICの点数だけでなく、英語を話せるようになりました。

もし大学時代英語を勉強していなかったら、今の彼女と交際することもなかったので、勉強してよかったと思っています笑

【アメリカ留学・シアトル】

f:id:nextfrontierym:20161101194003j:plain

【カナダ留学・トロント

f:id:nextfrontierym:20161015185525j:plain

 

女性関係

実は大学に入るまで女性恐怖症で隣にすわっている女性にすら話しかけらませんでした。とはいえ彼女はほしく、一方的に食事を誘うもいつも断れる始末。しかしコミュニケーション本での独学、欧米でレディーファーストの大切さを学び、親友や周りの友人の助けもあり少しずつ女性に慣れ、女性の友人が徐々にできました。今では私の友人は女性ばかりになってしまいましたが笑

その後年齢=彼女いない歴だった私が22歳の時にインターネットで出会った台湾人の女性と初めての交際。そして交際4年目の今年結婚します。

www.higashi.site

www.higashi.site

【台湾で撮影したウエディング写真】

f:id:nextfrontierym:20161015185549j:plain

www.higashi.site

www.higashi.site

www.higashi.site

社会人

新卒である日本の企業に営業として入社しました。失敗をしながらも貴重な経験をさせていただきました。また海外駐在員として台湾で働く夢も叶えることができました。

ただ台湾で働いている間、このまま一従業員として会社に属して働くこと、そこでの時間の拘束に疑問を抱きつつ、自分の人生の道は自分で作って行きたいとの想いから会社を退職しフリーランス個人事業主)になりました。

www.higashi.site

Mrs. Higashiのプロフィール

f:id:nextfrontierym:20161015185631j:plain

  • 出身地:台湾台中市
  • 現在住んでいる所:台湾台北市
  • 言語:中国語、英語、日本語(ちょっとだけ)
  • 趣味:ドラマ鑑賞、ショッピング(特に日本)、カフェ巡り、旅行
  • ブログ内の役割:台湾でのブログ告知、記事のアイディア出し、フォトグラファー・Instagram

台湾人女性ならではの強いマインドを持ちつつ、誰に対しても優しく気遣いができる素晴らしい女性です。そしてどんな時でもいつも支えてくれる大切な嫁です!

Ms.Higashiのプロフィール写真!

f:id:nextfrontierym:20161101193625j:plain

f:id:nextfrontierym:20161101193642j:plain

このブログへの想い

海外駐在員として台湾に来たことがきっかけに始めたブログ。今は私の人生を進む上で掛け替えのない1つのツールになっています。

これまで良くも悪くも王道・普通の人生とは違う生き方をしてきました。特に280点からのTOEICのチャレンジ、3度の留学、ネットから始まった遠距離での国際恋愛、会社員を辞めて独立など常識から見たらおかしな行動を始める時もちろん応援してくれる人もいますが、その反対に周りから笑われたり、変な人扱いされたり、バカにされたりする時も多々ありました。

ただその自分が選んだ道を歩んだことに後悔はなく、応援してくる妻、家族、友の支えのおかげで日々幸せを感じながら今自分の人生を歩んでいます。

外国人との結婚生活、海外情報を通して、今の生き方に悩んでいる、もっと新しいチャレンジをしたいがなかなか踏み出せない、そんな方にこんな道や人生もあるんだと勇気づけられるような記事、そしてブログという私のオリジナルwebメディアを作っていけたらと思います。

f:id:nextfrontierym:20170321034710j:plain

とはいえ、私もまだまだ未熟者です。ファンの方・読者の方と一緒に成長していけたら幸いです。今後ともよろしくお願いします。