台湾で日本語教師になりたい人へのアドバイス!

f:id:nextfrontierym:20170620204603j:plain

台湾で中国語があまりできなくても就労ビザが唯一手に入れることが職業が「日本語教師」です。

私も日本人だからという理由で時々「東さん、日本語教師やりませんか」と誘われます。笑

私自身は別で仕事があるので日本語教師の仕事は引き受けていませんが、台湾に長期的に住みたいという思いから日本語教師を一時的にするのを検討している方もいるでしょう。

そこで今回は台湾の日本語教師についてお話します。

台湾で中国語ができなくてもビザがもらえる職業

f:id:nextfrontierym:20170422031645j:plain

私も台湾人の妻と結婚する数年前にいつか台湾で長期的に住みたいと考えたことがありました。

そこで日本語教師を検討したことがあります。

その理由はシンプルで勤める学校によると思いますが、就労ビザと居留証を得ることができるからです。

台湾にノービザで入国した場合90日以内に出国しないと違法滞在になるためビザがないと長期的に滞在することできません。

またノービザで入国中は保険等も一切適用ないため台湾でなにか病気になった場合も全て自費負担になるなどものすごくリスクがあります。

しかし通常就労ビザは台湾にある企業に入社しなければ手に入れることはできません。当たり前のことですが、日系企業でも台湾にある企業に入社する場合ネイティブに近い中国語の力が必要になります。 

そのためネイティブレベルの中国語能力がなくても給料がもらうことができ就労ビザをもらえる日本語教師になりたい人は常に一定以上いますし、台湾で日本語はとても人気の言語の1つなのでどこの語学学校でも日本語教師を募集しています。

台湾の日本語教師の給料(月給)

f:id:nextfrontierym:20170301174508j:plain

出典:台湾の通貨(台湾ドル・台湾元・NT$) [台湾] All About

台湾の日本語教師の給料ですが、他の職種同様に月給で10万円前後です。

10万円低く!と思う人も多いと思いますが、日本語教師含めて台湾で会社員として働く場合給料の低さは覚悟しないといけません。

台湾の30代男性の平均年収は160万円前後で、台湾企業には年功序列や終身雇用という文化がないため40代、50代と年齢が上がっても給料はそれほど上がらないのが現状です。

また日本語教師はシフト制なので固定で土日休みではなくなります。

しかしビザで長期滞在が可能になり隙間時間で中国語学習できるので、台湾に住みたいけど中国語ができない日本人にとっては良い職業かもしれません。