読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニーハオ!日本人夫の台湾物語り!

【国際結婚・遠距離恋愛ブログ】台湾人と国際結婚。国際結婚・遠距離恋愛、海外に関わることを中心にさまざまな情報を発信しています。

東芝経営危機による東芝ラグビー部への影響は?

ラグビー
スポンサーリンク
f:id:nextfrontierym:20170215012020j:plain

出典:夏季網走合宿トピックス|東芝ラグビー部:東芝スポーツ

昨日のニュース(2017年2月14日)で東芝の今年度最終損益が発表され3,900億円の赤字になり東芝という日本の超大手メーカーが危機的状況に陥ってきました。

そして東芝の経営悪化は東芝が持つスポーツチームにも影響が徐々に出て東芝・廃部というキーワードも度々ネットニュース見かけます。

今回は、東芝経営危機による東芝ラグビー部(東芝ブレイブルーパス)への影響を考察していきます。

スポンサーリンク
 

強かった東芝はもういない

東芝は、トップリーグ(社会人リーグ)で常に上位を争ってきた強いチームで、2016年以前の約10年間はリーグ戦でも4位以下になることはなく、常に優勝争いをしてきました。

しかし東芝本体の経営問題が表沙汰になった2016年シーズン、チーム低迷し9位にまで順位を落とし日本選手権にすらできることができず。

私も何度か東芝の試合を日本帰国の間にスカパーのJ SPORTSで見ましたが、選手から覇気が感じられず「東芝どうしたんだろう?」と思うことが多々ありました。

f:id:nextfrontierym:20170215012956p:plain

出典:トピックス一覧 2016-2017シーズン|東芝ラグビー部:東芝スポーツ

チームのスリム化

東芝は、来年度の新入社員の採用はゼロでしたが、ラグビー部には4月から新人が3人入ります。

その代わり、リーチ選手以外で契約が切れる外国人選手は全員更新しなかった。じつは昨年も、開幕前に2年め、3年めの若手選手を3人くらいクビにしてるんです。

それは間違いなく経営問題によるスリム化です。

出典:東芝解体危機で強豪「ラグビー部」は?リーチマイケル直撃 - エキサイトニュース(2/2)

東芝ラグビー部の廃部は今の所はありえない

私個人の意見ですが、東芝本体が経営危機だからといって東芝ラグビー部が廃部になることは、非常に可能性は低いと思います。

理由としては東芝ラグビー日本代表公式スポンサーになるなど2019年ラグビーワールドカップ日本開催に向けて日本ラグビー協会に貢献したきたので、このタイミングですぐに廃部ということはないと思います。

また現時点では東芝ラグビー部には2015年ラグビーワールドカップ日本代表主将リーチマイケルをはじめとした日本を代表する選手が多く所属していることからも廃部や売却はありえないです。

ただし東芝本体の経営危機状態が続くと、帝京大学東海大学のような強いチームから有望選手が入ってこなくなりチームのさらなる弱体化はありえます。

大学ラグビー会でいうところの今の早稲田大学のような感じですね。

強い東芝をもう一度

どうしても社会人・プロスポーツは企業に影響される側面があり、東芝ラグビー部にも間違いなく東芝本体の経営問題の影響はあると思います。

ただ東芝が強くないトップリーグは面白くないです。

とても大変な状況だと思いますが、是非来季は復活してほしいと一ラグビーファンとして願っています。

ラグビー見るならJ SPORTSテレビでラグビー観戦をするならJ SPORTSで決まり! J SPORTSの魅力を語ります!