台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

台湾で使うレンタルWiFiはグローバルWiFiとイモトのWiFiどっちがおすすめ?

f:id:nextfrontierym:20170605235521p:plain

旅行やビジネスで台湾に行く多くの人がスマホやPCを使うためにWiFiが必要だと思います。

私も妻との遠距離恋愛時代に台湾に行く際は必ずWiFiを事前にネットで予約し出発当日に成田空港でレンタルしていました。

結論からお伝えすると私は8:2の割合でグローバルWiFiをレンタルしていましたが、グローバルWiFiに匹敵するWiFiレンタルサービス「イモトのWiFi」という海外WiFiレンタルサービスもあります。

グローバルWiFiとイモトのWiFiにそれほど大きな違いがありませんが、料金やレンタル場所など多少の違いがあります。

今回は、これからWiFのiレンタルを考えている人向けにグローバルWiFIとイモトのWiFiを比較しながら各サービスの特徴をお伝えします。

スポンサーリンク
 

台湾に行くのにレンタルWiFiは必要?

f:id:nextfrontierym:20170605235314j:plain

SIMフリーのスマホを持っている人以外は、台湾に行く際はWiFiをレンタルした方が絶対良いです!

ご存知の方も多いと思いますが、台湾と日本ではネットを提供している会社が異なるため、SIMカードを交換するかWiFiをレンタルしなければインターネットは使えません。

厳密に言うとiPhoneなどの世界対応携帯は、そのままの状態でもインターネットは使えますが、日本を出た瞬間から日本の携帯会社のサービスは適用されないのでそのままの状態で日本同様にインターネットを利用すると膨大な金額が請求されることがあります。

台湾ではないですが私の父は仕事でフランスに行った際にこのことを知らずフランスでスマホを使っていたら1日1万円請求されていました。笑

また台湾は日本に比べて公共WiFiが整っているとはいえ公共WiFiが使える場所は限定される且つ速度が遅いのでレンタルWiFiがないとインターネットには苦しみます。

そのためSIMフリーのスマホを持っていない場合、必ずWiFiをレンタルしましょう。

基本的な両サービスの流れ

f:id:nextfrontierym:20170605234925p:plain

  1. 事前に各公式サイトでWiFi端末を予約

  2. 出発当日空港でWiFi端末を受け取る

  3. 旅行中はレンタルしたWiFiで快適にネットを楽しむ

  4. 帰国した際に空港にある各サービスの返却ボックスに返す

私はいつもネットで予約し出発当日に空港でレンタルしていましたが、グローバルWiFiとイモトのWiFiでは出発前日に宅配で自宅で受け取ることも可能です

基本的なサービスの流れはグローバルWiFiとイモトのWIfiのともに同じですが、以下にグローバルWiFiとイモトのWiFiの異なるポイントを3つ記載しました。

グローバルWiFiとイモトのWiFiの主な違い

WIFiをレンタルできる空港

グローバルWiFiとイモトのWiFiではレンタルできる空港が異なります

主要な空港はどちらもありますが、地方空港はグローバルWiFiのみというところが多いです。

【グローバルWiFi】 

成田空港、羽田空港、関西国際空港第1ターミナル、関西国際空港第2ターミナル、伊丹(大阪国際)空港、静岡空港、宮崎空港、旭川空港、小松空港、鹿児島空港、中部国際空港、新千歳空港 、福岡空港、那覇空港

【イモトのWiFi】

成田空港、羽田空港、関西国際空、中部国際空港、福岡空港、国際線新千歳空港

WiFIレンタル料金(台湾)

台湾に行く際の1日にかかるレンタル料を主要容量プランでグローバルWiFiとイモトのWiFiを比較しました。

4GプランはグローバルWiFiの方が安く、3GプランはイモトのWiFIの方が安いです。

4G(大容量プラン:500MB)

グローバルWiFi:1,111円/1日

イモトのWiFI: 1,280円/1日

3G(大容量プラン:500MB)

グローバルWiFi:921円/1日

イモトのWiFI:680円/1日

4Gと3Gプランどっちが良い?

旅行でインターネットをそこまで利用しないのであれば3Gで問題ありませんが、趣味やビジネスでインターネット多用しインターネットの速度が気になる人には4Gがおすすめです。

WiFiの返却時の方法

WiFiを空港で受け取った人はグローバルWiFi・イモトのWiFiに関わらず各サービスが用意している返却口にてWiFiを返却します。

ここで多少異なる点があります。

イモトのWiFiをクレジット決済でレンタルした人は返却ボックスに直接入れる流れになりますが、グローバルWiFiの場合必ず返却口にてレンタルしたものが揃っているかチェックを受けます。

一見イモトのWiFiの方が楽に見えますが、万が一開始忘れていたものがあると後々に手間が増えるのでその場で確認してくれるグローバルWiFiの方が個人的に好きです。 

スポンサーリンク
 

台湾で実際に両サービスを使ってみた私の口コミ

f:id:nextfrontierym:20170601192706j:plain

日本でグローバルWiFiもしくはイモトのWiFiからWiFiをレンタルし何度も台湾で利用していましたが、インターネットを利用する分は両サービスは全く違いないように感じました。

現地ではWiFiルーターの電源を入れてスマホやPCに繋げるだけなので。

料金などで多少は異なりますが、現地で使う分はほとんど一緒です。

そのため私からのおすすめですが、料金の違いからインターネットをたくさん使う人はグローバルWiFi(4Gプラン)、あまり使わない人はイモトのWiFi(3Gプラン)が最適です。

海外旅行者向けキャンペーン中

現在グローバルWiFiとイモトのWiFiで異なるキャンペーンを行なっています。

これからWiFiをレンタルしようと考えている人は公式サイトで確認してみてください。

グローバルWiFI

f:id:nextfrontierym:20170605233452p:plain

 

⇒グローバルWiFi公式サイトはこちら

イモトのWiFi

f:id:nextfrontierym:20170605234420p:plain

 

⇒イモトのWiFi公式サイトはこちら

 

【おすすめ】台湾ホテル

www.higashi.site

www.higashi.site

www.higashi.site