台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

SSL化必須の流れに伴いサイト作成にエックスサーバーは必要不可欠!

f:id:nextfrontierym:20170824181252j:plain

先日グーグルからのメールで急遽SSL化対応に追われたサイト運営者はたくさんいると思います。

私もその1人で1日かけてWordPressで運営しているサイトのSSL化を行いました。

私自身は、格安で使えるさくらレンタルサーバーを使っていますが、SSL化への移行作業は大変である程度サイト作成の知識がなければ失敗していたと思います。

そのSSL化の流れで今注目されているのがサーバーがエックスサーバーです。

今回は、これからWordPressでブログやサイト作成をするためにサーバーをレンタルしようと考えている人向けに私が使っているさくらレンタルサーバーと比較しながらエックスサーバーの魅力をお伝えします。

さくらレンタルサーバー

さくらレンタルサーバーの特徴は何と言ってもレンタル費用が格安なところです。

さくらレンタルサーバーの最もポピュラーなプラン(スタンダードプラン)で契約した場合年間たったの6,180円でレンタルできます。

これはエックスサーバーのレンタル費用の半額以下なのでこれまで個人で運営するサイトであれば、さくらレンタルサーバーで十分でした。

www.higashi.site

しかしこちらの記事にも書きましたが、さくらレンタルサーバーでのSSL化はWordPressで専用プラグインが用意されているものの非常に大変で、サイト作成の基礎知識がない場合最悪サイトが使えない状態になりかねません。

格安なのはメリットですが、今からサイト作成を始めようとする人には難易度が高いサーバーになってしまいました。

⇒さくらレンタルサーバーの公式サイトはこちら

 

エックスサーバー

エックスサーバーは、さくらレンタルサーバーに比べてレンタル費用が高いですが、その分容量は大きく、さくらレンタルサーバーより読み込み速度が安定して早いのが特徴です。

そしてなんと言ってもSSL化が無料でしかもエックスサーバーの管理画面で簡単にできてしまいます

さくらレンタルサーバーの場合、1ドメインにつきSSLをするにはお金を払わなければなりませんが、エックスサーバーは無制限で無料です

SSL化の波でブロガーはもちろん特にアフィリエイターには必須のサーバーになりました。

⇒エックスサーバーの公式サイトはこちら

 

まとめ

今からWordPressでブログやサイト作成を始める人はエックスサーバーをおすすめします!