台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

起業しやすい国ランキングで日本はなんと世界第2位!

スポンサーリンク

f:id:nextfrontierym:20170421023539j:plain

少しずつ環境が変わってきているとはいえ、日本では未だに独立や起業をするのは難しい言われています。

しかしアメリカにあるペンシルペニアの大学の研究によると、起業しやすい環境という面で、日本はなんと世界2位だそうです。

調査は、世界の国内総生産95%を占める80各国を対象に行われました。

調査内容は、起業家精神からインターネットの通信インフラが整っているかなど、さまざまな観点から実際に起業しやすいかどうか調査したそうです。

今回はそのニュースを元に起業しやすい国ランキング形式と私なりの考察をお伝えします。

⇒独立・起業する前に読むべき本!
臆病者のための科学的起業法の詳細はこちら

スポンサーリンク
 

起業しやすい国ランキング

9位:オーストラリア

オーストラリアのスタートアップの歴史はまだ浅い。

賃金など比較的コストがかかってはいるものの、通信ネットワークの接続の良さ、インフラ、ビジネスにおける透明性などが高く評価され「起業家」指数でハイスコアを獲得した。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

8位:シンガポール

The Economistが「世界一コンパクトな起業家の生態系」と称したこの国には、スタートアップに最適な環境が整っている。

インフラ、資金調達のしやすさ、通信ネットワークの接続環境などが高く評価されている。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

7位:カナダ

発達したインフラ、ビジネスの透明性、人材教育で上位となった。

2015年には「スタートアップビザ」制度を導入し、国内企業と移民起業家によるスタートアップをうまく融合させている。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

6位:スウェーデン

ビジネスの透明性と人材教育が特に高く評価されている。首都のストックホルムは主要なスタートアップハブである。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

5位:スイス

世界で最も裕福な国の1つであるこの国は、高スキル人材に恵まれ、教育も行き届いている。

さらに魅力的なのは、低い法人税、資金調達のしやすさ、整備された法制度だろう。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

4位:イギリス

OECD(経済協力開発機構)によると2007年から2016年にかけて、イギリス国内の起業家による活動は31%上昇した。

特にインフラ、通信ネットワークの接続環境、法制度の整備の指数でハイスコアを獲得した。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

3位:アメリカ

技術革新と起業活動をリードし続ける国。シリコンバレーにはFacebookやグーグルなどの一流企業が本社を構える。

通信ネットワークの接続環境と資金調達のしやすさでは10点満点を獲得した。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

2位:日本

世界でも有数の教育と発達したテクノロジーが魅力。インフラでは10点満点を獲得。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

1位:ドイツ

通信ネットワークの接続環境、発達したインフラ、労働者の熟練度、資金調達のしやすさを中心に全体的に高評価を得た。

出典:「起業家にとって最高の国」ランキング上位9カ国 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

スポンサーリンク
 

起業しやすい国世界第2位:日本

f:id:nextfrontierym:20170421023352j:plain

このニュースを初めて見たときは正直驚きました。

私の個人的な考えてとして今まで日本はさまざまな面で起業するのが難しいと思っていました。

その理由の1つが良く話題になる日本では起業する人がたったの5%としかいないという情報です。

しかしインフラという面で考えてみると確かに今回の研究結果で伝えられているように日本はさまざまなものが整っています。

私自身そうですがPC1台あれば独立や起業ができてしまいます。

改めて日本は、世界の中でもすごく豊かな国だと実感しました。

まだ文化としては残っていますが、今後は終身雇用で1社勤めて人生が終わるという時代は終わり、働き方が多様化してくるでしょう。

ビジネスという面で日本はやろうと思えばなんでもできる環境があります。

独立・起業もその1つの選択肢にしかすぎませんが、先週感を無くしさまざまなことにチャレンジしていくことが私たち若い世代に求められていることではないでしょうか?

【転職希望者必見!】JAC Recruitment

f:id:nextfrontierym:20170607042753p:plain

JACは、日本で唯一グローバル日系大手企業外資企業を中心とした転職サイトです。

転職サイトとしてもリクナビ、DODAに次いで国内3位に入る人気サイトです。

JACには年収800万円以上の求人が多いなど転職希望者が理想とする求人ばかりなので、JACを利用することであなたが考える理想の転職活動ができるでしょう。

⇒JACの無料会員登録はこちら