台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

【最新版】さくらサーバーのWordPressサイトをSSL化する方法(個別記事CSS復活方法あり)

f:id:nextfrontierym:20170819030148j:plain

昨日の朝スマホのメールをチェックすると、「〜サイトが10月から警告がでるようになります。この警告を回避するのであれば、サイトをSSL化してください」と見て驚きました。

初めのうちはやらなくていいかなと思っていましたが、いろいろ調べていく中で今後のことを考えるとSSL化した方が良いと判断し、手持ちの複数のWordPressサイトを無事全てSSL化しました。

そこで今回は、あくまで一例ですが私が実際に使っているさくらのレンタルサーバー且つバズ部の有名テーマ「Xeory base」でのSSL化の方法をご紹介します。

※さくらのレンタルサーバーでもWordPressのテンプレートによっては方法が異なり模様

私は誰にも教わらず行ったので1サイト目は6時間ほどかかりましたが、慣れると30分ぐらいでできる簡単な作業です。

ステップ1:ドメインをSSL化しよう

1:さくらのレンタルサーバーでSSL証明証を発行する

まずドメインをSSL化する必要があります。

そこで「さくらインターネットコントロールパネル」を開きドメイン設定からCSRを発行します。

CSRとはSSL証明書を発行するために必要なものでドメイン設定→登録ボタンから発行できます。

CSRに書くことは基本的にあなたのドメインWhois情報と一致させる必要があるので、それを見ながら作ります。

私はWhois代行サービスを使っていますが、その代行の情報を使い証明書を発行させました。

そして証明書ができその完了画面でさくらのSSL証明書を発行できるボタン(ラビットSSL)があるのでそこからSSL証明書を申し込みます。

※コントロールパネルから直接申し込むとより次のプロセスが簡単になるので、必ずコントロールパネルから申し込みをしましょう!

2:SSL証明書発行が終わり次第ドメインにSSLを設定する

SSL証明書発行が終わるとさくらに登録しているメールアドレス宛に登録完了のお知らせがくるのでそのメールに記載されている方法通りドメインをSSL化しましょう。

コントロールパネルから申し込みをした人は既に証明書がドメインに紐づいているので中間証明書をインストールするだけでSSL化できます。

ここまでの流れはさくらのレンタルサーバー公式サイトに図式で詳しく書かれているので必ず見るようにしてください。

help.sakura.ad.jp

ステップ2:WordPress内の設定変更

f:id:nextfrontierym:20170819030301j:plain

ドメインSSL化後のWordPress内の必要設定です。

設定変更をミスしてしまうとサイトに入れなくなることもあるので必ず前もってバックアップは取りましょう!

1:さくらのレンタルサーバー専用プラグインをダウンロード

f:id:nextfrontierym:20170819025411p:plain

さくらインターネットがつい最近リリースしたさくらのレンタルサーバー利用者でWordPressサイトを運営する人向けのプラグインがあります。

前の見出しで紹介したさくらのコントロールパネルできちんとドメインをSSL化できたら、このプラグインを使うことでサイトをSSL化できます。

プラグインの使い方はこちら↓

help.sakura.ad.jp

2:一般設定でアドレスをhttpsに変更

さくらインターネットはプラグインを導入することでサイトをSSL化できるようなことが書かれていましたが、残念ながら私のサイトではできませんでした。

そこでいろいろ調べていく中で一般→設定画面にて記載されている2つのアドレス(WordPressアドレス、サイトアドレス)のhttpをhttpsに変更する必要があるとの情報を見つけ実行しました

その後サイトのURLにようやくhttpsがつくようになりましたが、まだ鍵マークはつきません。

3:個別記事のCSSを復活!

また同時に起こった問題がトップページのデザインはいつも通りなのですが、個別記事のCSSがめちゃめちゃな状態でこれではユーザーがまともに記事を読めないとても酷い状態になっていました。 

それを解決するために以下の記事に記載されているコードをさくらコントロールパネル・ファイルマネージャーからファイルを探し入力することで全て個別記事が復活しました。

これで一安心です。

mono96.jp

コードを入れる場所はこちらの記事を参考にしました↓

qiita.com

スポンサーリンク
 

ステップ3:SSL化できていない画像の張り替え

f:id:nextfrontierym:20170819032750j:plain

サイトドメインをhttpsにできたものの完全に保護状態(鍵マークがついていない状態)にできなく四苦八苦しました。

そして最後にいろいろ試した結果どうやらサイトに貼ってある画像のリンクに記載されているURLに入っているhttp時代のURLが妨げているのではと思い、サイドバーとプロフィールに貼ってある画像のURLを変更したところようやくサイトSSL化に成功しました!

作業開始からここまで6時間ほどたちとても疲れましたが、SSL化できた時の喜びは忘れません。笑 

SSL化完了後にやっておきたい作業

f:id:nextfrontierym:20170819034114j:plain

SSL化が終わっても安心してはいけません。まだやることはあります

SSL化後つまりURLがhttpsに変わったことでSEO的には別のアドレスに置き換わったことになります。

そのため以下の作業は忘れないうちに必ず行いましょう。

  • グーグルアナリティクスのURL変更
  • サーチコンソールの新規プロパティ追加
  • ASP(アフィリエイト)に登録してあるサイトURLの変更 

まとめ

1サイト目は6時間ほどかかりましたが、その後何サイトかSSL化作業を行ったところ最後は30分程でできてしまいました。

サイトURLをSSL化することでグーグルのサイトランクが上がる可能性もありますし、セキュリティの面でも他のサイトと比べて良くなります。

どのみちいつかはSSL化にしなくてはいけなくなる時が来るので、余裕をもって早めにSSL化をしましょう!

SSL化が簡単にできるサーバー

SSL化必須の流れに伴いより注目されるようになったサーバーがエックスサーバーです。

エックスサーバーの年間費は他社のサーバーに比べて少し高いものの、高速通信に加えてサイトを簡単にSSL化できます。

サイト作成初心者の人も含めてこれから新しくサーバーをレンタルする予定のある人はエックスサーバーをおすすめします!

⇒エックスサーバーの公式サイトはこちら