台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

本気で好きと言うなら結婚前提に交際を!

スポンサーリンク

f:id:nextfrontierym:20170208125716j:plain

ここ最近恋愛・遠距離恋愛・国際結婚で相談の依頼が日に日に増えてきています。

相談者は、現在のところ100%女性(日本人・台湾人、年齢層:20歳〜40歳)からですが、相談を受けているとけっこうみんな同じところで悩んでいるんだなと感じることがあります。

今回は、その共通した問題の1つ「結婚前提の交際ができない彼氏」について私の個人の意見(けっこう強めに)、そしてこの問題に対してアドバイスの一例を書きます。

本気で好きだけど結婚は・・・・

前提としてこの問題で悩んでいる女性は彼氏のことが好きで結婚したいと考えています。

しかし彼氏は、結婚についてはっきり明言することができません。

普段から「〜(女性)ことは本気で好き」と言うけれど、結婚について話題を出すと話を逸らしたり、結婚についてはまだ考えられないという彼氏が多いです。

ここでいつも疑問に思うのが、「なんで本気で好きなのに結婚について考えられない?」

私の場合、妻と交際後初めて出会った1週間後に「あなたと結婚したい」と伝えました。

理由はシンプルで本気で好きでこの人と一緒にいたいと思ったからです。

その想いを胸に、国を超えた3年半の遠距離恋愛を乗り越え交際から4年後妻と結婚しました。

そういう経験をしてきた私から言わせると申し訳ないですが「その彼氏の言う本気は本気じゃないのかな?」といつも思います。

もうちょっと女性の目線に立てないのか?

女性は男性以上に結婚願望が強いです。

結婚への憧れもありますが、女性の場合歳をとるにつれて出産のリスクも高まります。

男性視点からすれば、まだまだ遊んでいたいという気持ちがあるのかもしれません。

しかしそれを理由に女性と交際するためだけに綺麗ごとを言い、結果なにも考えていない彼氏と交際し傷つけられる女性の話を聞き悲しく思うことも多々あります。

もうちょっと女性の目線に立ってほしいですね

口だけ彼氏と一緒にいても幸せになれない

私のアドバイスとして相談してくれた方に実際に話したこともありますが、口だけの彼氏と一緒にいても幸せにはなれないと私は考えています。

彼氏の普段の生活・仕事面の話を聞いたりすると、いろんなことをけっこう中途半端にやっていて、辛いことに直面すると逃げる彼氏が多いです。

結婚は楽しい面もありますが、時には夫婦で乗り越えないといけない局面もあったりします。

なので仮に無理してその人と結婚したとしても、幸せな結婚生活が送れるとは到底思えないです。

また結婚以前に既にこの問題でそうような彼氏から心を傷つけられ泣きながら相談の連絡をくれた方もいました。

最後に

世の中の男性には素晴らしい方もたくさんいるのは間違いないですし、そういう男性を見つけ幸せになるか、今交際している男性が自分自身で悪い点を改善し幸せなカップルライフを送るカップルがもっと増えればいいなと思っています。

ブログをやる以前は、恋愛に関して自分のことしか考えてこなかった私ですが、国際結婚ブロガーとしてブログを仕事にしている以上、もっと成長し相談してくれる方に対してより幸せになれる具体的な提案ができるよう日々邁進していきます。