読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニーハオ!日本人夫の台湾物語り!

【国際結婚・遠距離恋愛ブログ】台湾人と国際結婚。国際結婚・遠距離恋愛、海外に関わることを中心にさまざまな情報を発信しています。

海外と日本の労働時間・労働環境の違い、本当に日本の会社ってダメなのか?

キャリア
スポンサーリンク

f:id:nextfrontierym:20170119194002j:plain

ここ最近日本では労働に関連した問題が多発し、メディア等が労働問題(特に時間と環境)について取り上げる頻度は日々多くなっていると思います。

そしてメディアでは、まるで日本の会社は本当にダメみないな風潮を作っています。

今日は、海外に移住した身からこのことについて私個人の意見を書きます。

※今回の記事は個人的な考えを強く出しています。あくまで一個人の意見として読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク
 

海外と日本の労働時間の違い

必ずと言ってもよい程に労働問題で初めに上がってくる問題「労働時間」。

日本人は働きすぎ、日本の会社は残業が多いと言われていますが、海外も同じです。

残業で労働時間が長い会社は多くあります。

私が住んでいる台湾では、そもそも祝日が日本に比べてかなり少ないので年間の出勤日だけ見ても台湾の会社の方が1.2〜1.3倍はあります。

ゴールデンウィークとかシルバーウィークなんて存在しません。

なので現地の台湾人は日本の会社に憧れを持つ人が多いぐらいです。

そしてこちらが世界各国(35ヶ国)の労働時間(平均値)を比較した表になります。

f:id:nextfrontierym:20170119195505p:plain

出典:世界・平均年間労働時間ランキング - 世界ランキング

あくまで平均時間ですが、日本は35位中15位。

たしかに日本企業はサービス残業が多いと言われているので上記の数字が正確かと言われれば難しいですが、もう1つの指標として祝日数世界ランキングで日本は第3位に祝日の日数が多い国なのです。

なので、世界から見ても労働時間がすごく長いわけでもありません。

海外と日本の労働環境の違い

f:id:nextfrontierym:20170120122514j:plain

さて日本の労働環境ですが、海外から見るとすごく安定している環境だと思います。

海外と比較すれば保険等も国がしっかり整えています。

また少しずつ薄れているとはいえ終身雇用や年功序列生での給与体系つまり長く勤めていればある程度の給料がもらえる、そんな制度は海外にはないです。

欧米系の国やそして私が住んでいる台湾では、例えば営業職という視点で見ると、年数関係ないし、数字持ってきた分給料は増え、数字がなければ給料は減り、使えないと判断されればすぐにクビになります。

海外の会社は使えない社員をクビにすることにためらいはありません。

本当にシビアです。

また数字はもちろん海外であって評価基準には上司との関係値も関係してきます。

そこから考えても、仮に数字的な結果を出せなくても自分の考えを捨て会社・上司の意向に沿って社会人ライフを生きて行けば、それなりの生活が確約されている日本の労働環境はすごく安定・安全です。

なので一概に「日本の会社=労働環境悪い」とするのは良くないです。

日本人を本当に苦しめているもの

私なりの意見ですが、日本人を本当に苦しめているものとは、自分の好きなことをして生きていくことが許されないような風潮や周囲目なのではないでしょうか?

「現実的な選択肢じゃないよね」

「好きなことをして生きていける人は一部の人だからね」

「その行動って意味あるの?」

常に周囲からこのようなことを言われる環境では、だれであっても自分自身の好きなことをして生きていくのは難しいと思います。

そして周囲から言われた現実的な選択肢を選び、仮に自分に合ってない選択肢や会社であっても、耐え続ける人が多いのではないでしょうか?

会社で言えば、好きでもないこと(仕事)に1日10時間以上時間を使い、評価を上げるためもしくは周囲に合わせるためのサービス残業や飲み会。

当たり前のことですが自分にとって嫌な状況や環境であればストレスは日に日に増えていきますし、そこから体を崩す人もいるし、最終的にはメンタル的に病気になってしまう人もいます。

継続は力なりですし、困難を乗り越えた時人は強くなります。

しかしそれはあくまで夢や目標に向かっている人に当てはまることで、ただ給料目的で日々嫌なことを耐え続ける人には当てはまりません。

解決方法

f:id:nextfrontierym:20170120122719j:plain

私なりの見解ですが、残念ながら「好きなことをして生きていけるような社会的環境」は日本では作られないと思います。

ただ国の文化は変えられなくても個人の価値観・行動は変えることができます。

なのですごく個人単位の解決方法ですが、周囲から言われる言葉を一度消して、自分の心に本当にやりたいことを聞いてみてください。

そしてそれが明確に見つかれば、周囲がどうのこうのじゃなくて、自分自身で発見した本当にやりたいことに突き進んでいけば良いのです。

ただし勘違いしていけないのは、好きなことをする=独立・起業ではありません。

独立や企業もあくまで成し遂げたいことをするためのツールの1つにしか過ぎないので、転職という方法でも十分それができる可能性があります。

現に私のかなり身近な人では、小さいころから飛行機作りがしたく、その後も飛行機に携わる日本の大学や会社に勤め、最終的にはアメリカ・シアトルにあるボーイングにて飛行機設計をしている人もいます。

好きなこと・やりたいことを実現できる可能性はみんなあります!

スポンサーリンク
 

仕事で好きなことをするための手段

では仮に仕事の面で今の仕事が自分の好きなことではない場合、先ほども少し触れましたがその解決手段は主に2つ。

独立するか転職

独立、転職それぞれメリットは異なってきますし、実際に独立・転職をした人それぞれ考えがあり、それの道を選んだと思います。

私も会社員として働き最終的な判断としては独立を選びましたが、正直転職の選択肢を選ぼうとしていた時期もありました。

結論を言うとその人の意思があればどちらの道でも成功するし好きなことができます

ただ現状で好きなことができていない場合、とにかく迷いながらも現状を変えようと行動をしてください。

現状維持だけでは何も変えることができないですし、そして嫌な状況を耐え続けたところで成長には繋がりません!

仕事で環境や状況を変える場合、やはり日本の場合90%の人が雇用者として生きているため、独立か転職という選択肢であれば転職という道を選ぶ人が多いと思います。

そこで私も転職サイトを何社か登録し使っていたので、おすすめの2サイトを以下に紹介します。

これから転職をしようと考えている人は是非ご活用ください。

転職サイトの王道「リクナビNEXT

f:id:nextfrontierym:20170120014839p:plain

転職を考えている人はほぼ100%登録するんじゃないかと思っているリクナビNEXT

新卒で就活した人ならほぼ使ったことがあるリクナビの転職に特化サイトです。

日本で1番求人数が多いのと、必要であればカウンセラーに相談できるので、転職考えているのであればまずはこちらに登録をしましょう!

⇒たった1分で簡単登録!
リクナビNEXTの登録(無料)はこちら

自分の市場価値がわかるツール「MIIDAS」

f:id:nextfrontierym:20170120162208p:plain

転職市場ではリクナビに次いで有名なインテリジェンスの新サービスMIIDAS。

このサービスとてもユニークで面白いです。

登録するだけで、インテリジェンスが保有する200万人の転職データから自分と似た学歴・職歴・資格を持つ人がどのタイミングでどれくらいの年収で転職できているのかを知ることができます。

www.youtube.com

もちろん他者の情報を知るだけでなく、登録データから自分を求めている求人がわかり企業からのオファーも面接確約のオファーだけです。

⇒たった5分で簡単登録!
MIIDASの登録(無料)はこちら

最後に

みなさんの今の仕事は人生で本気でやり遂げたいもしくは心から好きと言える仕事でしょうか?

最後に改めてお伝えしますが、独立・転職どちらの選択肢を選ぼうが、とにかく周囲を気にせず好きなこと、やりたい夢・目標に向かって生きていきましょう!

人生は一生に一度なので、楽しく生きた者勝ちです!^^

◆キャリア関連お役立ち記事◆1)英語力活かして海外・外資企業へ転職したい人が登録すべき転職サイトJAC
2)TOEICハイスコアは就活に有利!目安のスコアは800点以上?