台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

【合説】合同企業説明会に就活生が行く意味はあるのか?

f:id:nextfrontierym:20170401165009j:plain

先日合同企業説明会(合説)に関するネットニュースを見て、私も就活時代、合同企業説明会(合説)に時々参加していたので懐かしさもありつつ今振り返ると果たして「合同企業説明(合説)に行った意味あったかな?」と思うこともあります。

今回は、就活生の向けに合同企業説明会(合説)についてお話します。

スポンサーリンク
 

合同企業説明会(合説)は就活生とっては意味がない?

f:id:nextfrontierym:20170401164637j:plain

多くの就活生が参加する合同企業説明(合説)はリクナビなどが大会場を借りて開いている大きな合同企業説明会(合説)だと思います。

私個人の意見になりますが、そのような大きな合同企業説明会(合説)は就活生にとって意味はありません。

理由としては、合同企業説明会(合説)は基本的に選考に直結することはないからです。

あくまで企業がプロモーションでやっているだけです、特に大企業は。

もちろん大きな合同企業説明会(合説)にも中小企業が会場の端で説明会をしていて、中小企業の場合、その説明会が選考に直結する場合があります。

しかし大きな合同企業説明会(合説)は就活生の大半が大手企業のブースを回って終わりというケースがほとんどです。

なので多くの就活生にとっては合同企業説明会(合説)は意味がないでしょう。

とはいえ就活の雰囲気を味わうのも兼ねて、一度は参加してみたいと思う人は多いはずです。

なので参加する時に意識してほしいポイントは以下に記載します。

大企業ばかりでなく中小企業も見よう!

合同企業説明会(合説)には、多くの中小企業も参加します。

大企業がみなさんが既にご存知の通りのイメージです。

普段知ることができない中小企業のブースを回ることで、就活の幅を広げられるでしょう。

プレゼンターではない社員を観察しよう!

合同企業説明会(合説)では、説明会を開くために裏方で手伝いに来ている社員が必ずいます。

プレゼンターは、就活生に良いイメージを持ってもらうため容姿や雰囲気が良い人しかいませんが、手伝いにきている社員は違います。

そのような社員を表情を見てみるとその企業がリアルな本性が見えるかもしれません。

たとえばその社員が生き生きといれば社内の雰囲気が良い、逆に死んだような目をしていたらもしかしたらブラック企業かも?など。

内定直結の合同企業説明(合説)もある!

f:id:nextfrontierym:20170401163411p:plain

これまで5万人以上の就活生をサポートしてきたMeets Company。

Meets Companyが開催する合同企業説明会なら、優良企業の会社説明会を選考直結で受けることができます。

また実際にMeets Companyの合同企業説明会に参加し、あなたに合う企業が見つかると書類選考・一次面接無しでその企業の選考に進むことができます。

就活は時間との戦いになるので、就活の手段の1つとしてMeets Companyを利用すると必ず内定が近づきます。

Meets Companyの合同企業説明会はとても人気で毎回50名限定なので利用するのであれば早めに予約しましょう! 

⇒Meets Company公式サイトはこちら

 

最後に

就活できる時間は限られます。

周りに流されず有意義な就活をしましょう!