台湾人妻を持つ日本人夫の物語り!

台湾人女性と4年間の遠距離恋愛を経て国際結婚。そんな日本人夫が好きなことや趣味を中心に情報を発信中。

アフィリエイトで稼ぐにはライティングスキルが必要不可欠!

スポンサーリンク

f:id:nextfrontierym:20170710161904j:plain

アフィリエイトを初めて8ヶ月近く経ちますが、ようやく月収15万円前後が見えてきました。

アフィリエイトを始めた最初の月は月収300円だったのでそこから比較すると収益面はかなり増えてきました。

今年の目標は月収50万円なのでまだまだ努力をしなければいけませんが、これからアフィリエイトを始める人向けに初心者から意識したいアフィリエイトで稼げるようになる方法をご紹介していきたいと思います。

まず初回の今回はライティングスキル(コピーライティング)の重要性についてです。

スポンサーリンク
 

ブロガーのライティングでは稼げない?

ここ最近ブログでアフィリエイトを行うことが非常に流行っています。

そして私も最初はブロガーとしてアフィリエイトを始めた人の1人です(現在はブロガー兼アフィリエイターとして活動中)。

たしかに経験上ブログでもアフィリエイト収益を発生させることは可能ですが、実はブロガーが書く記事はアフィリエイトをする上では収益がとても発生しにくい記事になっていることが大半です。

それはコピーライティングができていないからです。

コピーライティングとは人間心理を深く理解して、言葉で読者の行動を変えるようなライティング手法です。

ブロガーが書く商品やサービスの記事は基本的にその商品やサービスをただ詳しく紹介もしくはさまざまな商品をまとめたまとめ記事です。

確かにこのような記事を作ることで記事内文字数が多くなる結果、検索で上位表示され上位にいるからこそクリック率が高くなり商品が売れることがあります。

しかしこの方法だと作成した記事が検索上位表示ができないもしくは上位表示させても検索ボリュームが少ない場合ほとんどのケースで商品は売れません。

私もアフィリエイト初心者の頃はブロガーのアフィリエイト記事を模倣していましたが、なかなか結果に繋がりませんでした。

しかし今ではコピーライティングができるようになり、1日1PVの記事でも収益を5,000円近く発生させることも容易にできます。

コピーライティングをするには商品を知らなければならない

コピーライティングをする上での大前提ですが、あなたが売りたい商品について詳しく知らなければコピーライティングはできません。

その理由はその商品を詳しく知らないと、その商品のどのポイントがユーザーにとってメリットを与えるかわからず相手の心にささる記事を書くことができないからです。

アフィリエイトを業界・職種で例えるなら業界で商社、職種で営業です。

つまりあなたは販売元と消費者の仲介役兼販売者でもあります

より身近なケースで例えるとあなたがヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店に行った時を思い出してください。

そこで家電を買おうした時にだれもがその場の営業マンからその商品の営業を受けた経験があると思います。

私の経験上その商品を買いたいと思わせる営業マンはその商品に対してかなりの知識をもっています。

逆に新人なのか?と思ってしまう商品知識が少ない営業マンからは商品を買おうとは思いません。

買いたいと思わせる営業マンは、あなたがその商品のどの部分を気になっているかヒアリングし、そのヒアリングを元に自分が持っている商品知識からあなたに合った提案ができるため、より効果的な営業ができます。

商品について勉強することがアフィエイトで稼ぐまず第一歩です!

基本的なコピーライティングのやり方

基本的なコピーランティングのやり方は、読者の感情を揺さぶるような段落や文章構成で記事を作成していきます。

可能なかぎり紹介したい商品の詳細情報ではなく、あなたがその商品についてどう思ったかを書くと初心者でも相手の感情を揺さぶるコピーライティングができるようになります。

コピーライティングができているかどうかの確認はあなたが書き終えた文章を第3者の目線で読んで紹介している商品がほしいと思ったらコピーライティングができている証拠です。

私がライティングスキルを学んだ本

f:id:nextfrontierym:20170708235833j:plain

私はこれまでオンラインサロンなどに属さず独学でアフィエイトを勉強し収益を増やしてきました。

そして私がライティングスキルを学ぶ中で1番参考になった本が「コンテンツ・マーケティング64の法則」です。

この本にはネット上で商品を売るために必要なライティングスキルを学ぶことができます。

本気でアフィリエイトの収益を上げたいと考えている人にはおすすめします。

⇒コンテンツ・マーケティング64の法則の詳細はこちら